アメ車といっても種類は色々

アメ車といっても種類は色々

アメ車は戦後の日本においては、初めて輸入された外国産車として憧れの輸入車となっていましたが、国産車の技術の向上、国土の狭い日本では大きすぎるという事からその人気もだんだん落ちていきました。

 

そのころにはヨーロッパからたくさんの車が輸入されるようになり、更にスーパーカーブームなるものが流行したことによって、外国産車はヨーロッパ車というのが強く根付くことになりました。

 

そんな日本の状況にありながらも、大きくて迫力満点のボディにガソリンをまき散らして走るような大排気量エンジンの魅力に取りつかれた人がたくさんいて、それが現在のアメ車人気のルーツとなっています。

 

こういった背景からアメ車には現在のアメ車と昔ながらのアメ車というものがあることに気が付きます。現在のアメ車は昔のものよりコンパクトでパワーは控えめというどちらかというと国産車に近づいたようなものとなります。

 

対して昔のアメ車というのは「マッスルカー」に代表されるような、全長は5mをこえ、全幅は2mに限りなく近いものを持った巨大車種でエンジンも5リッターは当然のこと6リッター、7リッターなども存在していました。

 

この両車を比べても全く正反対の性質を持つという事に気が付くと思いますが、車を買取ってくれる買取店も年代にあわせて店舗を選ぶ必要があるのです。

 

同じアメ車でもお互いに罵り合うこともあるほど方向性が違うので高く買い取ってくれるというところも全く違うのです。