アメ車 高価買取

アメ車が高く売れる専門店を探すコツ

日本において古くからなじみ深い外国産車といえば通称「アメ車」のアメリカ車です。

 

アメリカ車は戦後の復興の時から日本の道路を走っていて、外国産車としては一番長い歴史を持っています。

 

当時、「外車」といえばアメ車のことをさすほど浸透していたのですが、どうしてもお国柄の違いで日本では扱いにくい車となってしまい、需要も年々少なくなってしまいました。

 

しかし、アメ車好きのコアなファンがたくさんいて、どうにかその方たちのおかげで日本でもアメ車が存在することができているという状態になっています。

 

さて、このような車を買取ってもらいたいと思ったときにどこか一番高く買い取ってくれるのかという事ですが、やっぱりアメ車のことをよく知っているアメ車専門買取店がいいでしょう。

 

最近では、一括査定サイトにも参加している買取店もあるので、そういったところが含まれている一括査定サイトを探すのが一番手っ取り早いと思います。

 

ただ、アメ車といっても昔のアメ車を扱うところと今のアメ車を扱うところがあり、その評価も全く違うものとなっているので、アメ車専門買取店だからといってすぐに飛びつくのはやめたほうがいいでしょう。

 

その店舗がどういったアメ車を求めているか、販売も行っている店舗であればどのようなアメ車が販売されているのかという事を調べる必要があるでしょう。

アメリカ車ではないアメリカ車とは?

アメリカ車を作る自動車メーカーといえば、フォードやクライスラー、ゼネラルモータースが有名ですが、自動車ブランドとなると、ビュイックやシボレー、ジープ、ダッジ、キャデラック、ポンティアックなどたくさんのものがあります。

 

アメ車にはこれらの自動車ブランド名が冠名としてつけられているのですが、その冠名が付けられているからといって必ずしもすべての車がアメリカ車ではありません。

 

中にはライセンス生産や国産車の兄弟車として存在する車もあり、そういった車は本来はアメ車とは呼びません。

 

かなり前の話になりますが、女性に非常に人気のあったフォード・フェスティバという車がありました。

 

この車はフォードいう社名が付いていたのにもかかわらず、マツダで生産されており、ほとんどのパーツはマツダ製となっていました。

 

オフロード4WDとして有名なジープも日本では三菱ジープとして生産販売されていました。

 

このようにアメリカの自動車メーカー名やブランド名が付いているからといっても、それが必ずアメリカ生まれの車であるということではないのです。

 

中古車市場でも買取店でも、このような車は国産車と同じ扱いがされるので、外国産車だからという期待はあまりしないほうがいいでしょう。

 

逆に国産車と同じという事であれば、どこでも買い取ってくれるという面ことで買い取り作戦が有利に働くかもしれません。